スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生命保険の基本型
<<記事一覧はこちら>>
<<最新記事をメールで配信しています>>


生命保険の基本型は3つ

生命保険の加入や見直しなどで、生命保険の商品をいろいろと見ていると、よくもこんなに生命保険って種類があるんだなと思いますよね?

実は生命保険を分類すると、3つに分けることができます。

たった3つなの?とびっくりされるかもしれませんが、そのとおりです。

実際の保険商品は、この3つ基本形に特約などの各種機能をつけて商品を差別化し、違った商品のように見せているのです。

それでは、3つの生命保険の基本型を見てみましょう。


①死亡保険

名前のとおり、被保険者が死亡者ときのみの保険金が支払われる保険のことです。
この保険の目的は、死亡時の遺族保障です。
つまり、家族の中の大黒柱がなくなったときなど、残された家族が生活に困らないように、もしくは、相続税の負担が重くかかるようなお金持ちの場合、子供が相続税を支払うことができるようになどの目的で、契約する生命保険になります。

この死亡保険に分類される生命保険として、例えば、定期保険・終身保険・定期付き終身保険があります。


②生存保険

この保険は逆に被保険者が一定期間すなわち満期まで生存していた場合に限って保険金が支払われる保険のことを指します。
例えば年金保険や貯蓄保険、子供保険(学資保険)があります。
これらの生命保険の特長として、純粋な生存保険として、商品として販売されることは少なく、死亡時の補償などを加えて販売しています。そういう意味では、純粋な生存保険というのは少ないかもしれません。
なぜなら、生きていないと保険金は払いませんよ、死んだ時は何も保険金を払いません、という保険では誰も買わないからです。


③生死混合保険

この保険は、死亡保険とと生存保険を組み合わせたものになります。
つまり被保険者が、保険期間内に死亡した場合は、死亡保険金が支払われ、満期まで生存していた場合は生存保険金(満期保険金)が支払われる保険のことです。
例えば養老保険が典型的。その他定期付き養老保険などがあります。


<<記事一覧はこちら>>
<<最新記事をメールで配信しています>>

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。