スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学校入学前までに始める!子供の学費の準備方法
<<記事一覧はこちら>>
<<最新記事をメールで配信しています>>


小学校入学前までに始める!子供の学費の準備方法


子供手当の支給をきっかけとして、いかにしてこの一時的な臨時収入を子供の将来に向けて使えるだろうかと考える子供想いの親子さんはとても多いことであろうと思う。

今の政治の流れを考えると、この子供手当ては「いつまで続くのやら?」という感じがしないわけでもない。

しかし、もらえる間だけでも積み立てて、子供の将来の学費の足しにしたいと思うのも、親心として当然であると思う。

そこで今回は、子供手当てのことも踏まえつつ、将来の高校、大学進学時に困らないように、子供の学費を準備する方法を考えたい。


まず、子供の学費のためにはいくらぐらい用意する必要があるのだろうか?

子供が幼稚園卒園から大学卒業まで学校へ通うと仮定して考えてみよう。

全部を国公立で済ませると平均で800万円程度。逆に全部私立に通ったと仮定した場合、平均で2200万円程度かかるといわれている。
これを大学の学費だけに絞った場合でも、国立で平均250万円前後、私立では平均550万円と言われている。

国立大学と違って私立大学の場合は、進学する学部によっても学費がさらに高くなる場合もありうる。

しかも大学入学に関しては、国立私立関係なく、自宅外通学となる場合も多く、そうなると一人暮らしのための費用も必要になる。
そのための費用は、新生活の準備資金として50万円から100万円程度、加えて、毎月の生活費の仕送りも必要になるだろう。

そういったことから、大学進学のための費用を準備しておく前提で考えた場合、国立大学に進学すると仮定したとしても、最低300万円程度。
私立大学を仮定した場合においてはそれ以上(400万円から500万円)の金額の準備が必要になるだろう。

これだけの学費をどんな金融商品で積み立てるのが良いか少し考えてみたい。

まず言えることはあまりリスクの高い金融商品はこれには向かないということだ。

例えば、株式や投資信託などは、もしかしたら相当に増えて国立しか考えられなかったのに私立へ入れるぐらい学費のための資金が増えるかもしれない。

しかし、逆に資産が大きく減ってしまって大学に行けなくなるということもありうる。こういったことから、リスクの高い金融商品での運用を避けたほうが無難だ。

そのようなことから、考えられる商品としては、積立定期預金もしくは生命保険(学資保険・終身保険)の活用であると思う。

特に、利回りから見て特に有利なのは学資保険と終身保険である。
しかし、現在の金利情勢における利回り面でのメリットが大きい半面、デメリットがないわけでもない。

この点についてはもう少し詳しく別の機会に考えてみるようにしたい。



<<記事一覧はこちら>>
<<最新記事をメールで配信しています>>
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。