スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変額個人年金保険(投資型年金保険)とはどんなイメージの商品なのか?
<<記事一覧はこちら>>
<<最新記事をメールで配信しています>>


●変額個人年金保険(投資型年金保険)とは
 どんなイメージの商品なのか?

変額個人年金保険は  = 投資信託 + 個人年金 + 保険(保障)

このウェブサイトに訪れていただき、ありがとうございます。

このページをご覧になられているということは、
どこかで『変額個人年金保険(投資型年金保険)』という言葉をお知りになられ、
この保険に興味を持たれたからだと思います。

ここでは、なるべくわかりやすいように心がけながら説明したいと思います。

はじめて『変額年金保険(投資型年金保険)』という言葉を聞いたとき、
皆さまはどのようなイメージを持たれますか?

『へんがく?ねんきん?ほけん?』

3つの金融商品のワードが重なったような商品名ですよね。
しかも、

年金なのか?保険なのか?それとも株のように変額でリスクの高いものなのか? よくわからない!

というのが実感だと思います。

そこで今回は「変額年金保険とは?」(投資型年金保険とは?)を理解するうえでの、
初歩中の初歩の部分、イメージからお話したいと思います。


◆変額年金保険とは? (投資型年金保険とは?) 
 資産の運用に保険をかけるということ。

とても簡単な言葉で説明すると、変額年金保険とは

『資産の運用に保険をかける』

ようなイメージの金融商品です。

例えば、100万円を運用することをイメージしてみてください。

まず、投資信託で運用を考えて見ましょう。

運用の成果が良いと110万円、逆に悪いと90万円になるというふうに価値が変動します。


大切な退職後の退職金などは、110万円になるのは良いものの90万円になってしまったら困り物です。

そこで運用に保険をかけて90万円になった場合は100万円の保証をしましょう。

そして退職後のお金として年金で支払いましょう

というものが変額年金保険です。(非常にざっくりとしたイメージですが)

最低保証の方法や受け取りの方法など商品によって異なりますので

商品ごとのリスクを十分理解したうえで検討しましょう。

<<記事一覧はこちら>>
<<最新記事をメールで配信しています>>
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。